ショートステイを予約しよう!インターネットからは予約できない?

在宅介護がはじまり、少しずつ疲れが出てきた。いますぐ息抜きが必要。

在宅介護中だけど急にお友達と旅行に行く予定ができた。どうしよう。

親戚の不幸、葬儀に参列したいけど介護があるから家を離れられない。

そんな悩みを抱え、予定外のショートステイサービスを利用しようとしている方、必見!

今回はインターネットで得た情報からショートステイが予約できるのか検証してみました!

【目次】

1.ショートステイを探すには

2.業界No.1サイト「介護のほんね」で検索してみた

3.予約できるか電話してみた!

1.ショートステイを探すには

ケアマネージャーが作成したプラン以上にショートステイを利用する場合には、ご家族の方がショートステイ施設に連絡し、受け入れ調整や契約を結ぶ必要があります。

インターネットで探す場合には、次のようなやり方があります。

※電話や対面でまずは相談したいという方はこちら(記事①)

1.-1 お住まいの区役所サイトに載っている区内介護事業者情報から探す

世田谷区役所のサイト

こちら一覧などではまとまっているんですが公共がつくったページですので探しにくいです。そんな方におすすめなのが、民間サービスの利用です。

1.-2 ㈱クーリエが運営する「みんなの介護」を使ってみよう

「みんなの介護」は老人ホーム検索サイトで物件数がNo.1であると自らうたっております。

(https://www.minnanokaigo.com/)

まずは「施設を探す」をクリックします。

次に地域とサービス内容にチェックを入れて条件を絞って検索しましょう。今回は「東京都」「介護付有料老人ホーム」を選びます。

持病等の他の特筆すべき条件のある方はそちらもチェックしましょう。

東京都だけだと広すぎるので「世田谷区」まで絞ってみます。

世田谷区まで絞ると53件になりました。今度は下にスクロールしていくと各施設の情報が見れます。
空室情報や最終更新日などが一覧できます。

こだわり・特徴をみると中には「ショートステイ可」の施設もありますので、
空室があり、かつ、ショートステイ可の施設は突発的な入所にも応えてくれるかもしれません。

3.予約できるか電話してみた!
ということで、みんなの介護で見つけた某施設にショートステイ利用できるか電話してみると驚きの結末が。。。

※以下のお話は、写真の施設とは別ですよ!!

筆者「あの、ショートステイをなるべく早く利用したいのですが可能しょうか」
施設の方「はい、、えーっと、チラシかなにかご覧になった方でしょうか」
筆「はい、ネットの検索サイトを見て、空室があり、ショートステイ可のところに電話しました」
施「ありがとうございます。実は、今年はご逝去された方が多くおりまして空室が出たので、一時的に掲載してましたが、云々○△%&sf」
筆「あ、ということは今ショートステイの募集はされていないのでしょうか」
施「はい、申し訳ございません。」
筆「いえ、こちらこそお忙しい中ありがとうございました。」

プープープーー

筆「。。。」

ということで、なかなかショートステイの即利用をインターネットで検索、予約するのは難しいのかもしれません。

そこでおすすめなのが「ショートステイのススメ」です。

ショートステイのススメでは皆様に代わってお近くのショートステイ受入可能施設に一括見積もりを行います。もちろん無料です。

https://peraichi.com/landing_pages/view/shortstaynosusume

是非チェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です